印鑑は書類上で自分の顔となるもの

印鑑は書類上で自分の顔となるもの

私たちは、普段、様々な公的書類や契約関係の書類で印鑑を押さなければならない機会に遭遇します。
書類を受領する側からすると、押されている印の跡を見て、書類上から人柄がわかることがあります。
きちんと印を押すべき枠の中に、きれいに印が押されているのかという観点でみられているものです。
多くの場合は問題なく、書類も無事受理されるものです。
しかし、時には印の跡が滲んで書類を汚してしまっていたり、枠からはみだしていたり、あるいは押され方が不十分で印影が欠けてしまっていたりするものも見受けられます。
また、重要な契約書類でシャチハタなどの簡易的な役割の印鑑を使用してしまうというケースもあります。
印鑑は、書類上、押されていること自体が重要な意味を持っているものです。
そのため、これが疎かに押されていると、受理する側に少しいい加減な人だという印象を持たれかねない上、受理してもらえない可能性もあります。
印鑑が必要な書類がある場合には、まず事前に、朱肉にインクが染み込んでいるか確認し、一度他の紙に試しに押してみることです。
このとき印影が消えることなく、きれいに出ていたら実際の書類に押印します。
押印する際は、書類の下に厚めの下敷きを敷いて、慎重に押します。

印鑑は自分に合ったものを選ぼう

印鑑は、三文判から銀行印、実印まで幅広い用途があります。
実印の場合は、人生でとても重要なこと、たとえば不動産売買とか、相続というようなときに使うものですから、印影が模倣されないようにある程度の大きさで、印字も複雑なものということが重要です。
銀行印も大事な財産を守るものですが、役所への印鑑登録までは必要ないので、実印に次いでという位置になります。
そして、通常三文判と言われるものは、認印で、報告書作成とか、出張旅費の受領とかに使います。
印鑑は、目的に合ったものを用意することが大切ですが、日常的に使う認印も自分に合ったものとしておくことを忘れてはなりません。
名は体を表すといいますが、印鑑も名や体を表すからです。
会社の中では、先ほどの使い道の他に、提案書とか、決裁書への押印ということもあります。
担当から主任、主任から課長、課長から部長など決済責任者へという具合で、稟議して行くこともあります。
そうしたときに、下の人間があまりに大きな印影であったりすると、上の者からは良い印象を持たれません。
印字の複雑さも同じです。
横柄な奴とか、身の程知らずというように評価されてしまうのが落ちです。
封建的な習慣を押し付けるつもりはありませんが、自分の歳、自分の実力、自分の役職・立場などに合っている印章を選ぶのもビジネスパーソン人生では必要なことなのです。

Favorite

外壁塗装・屋根塗装又はリフォームを検討されている方に優良な専門店をご紹介しています。

外壁塗装を船橋で依頼する

評判の良いドッグフードをランキング形式でご紹介しています。

ドッグフード 口コミ

自ら考え、行動できるキャビンアテンダントやグランドスタッフを目指します。

キャビンアテンダント 大学

新築・中古の投資用マンションやワンルームなどの不動産物件

不動産の経営を学ぶ

毎日先着10名様限定の、詰め放題パックを御用意しております。

大分 不用品

充実した設備と確かな技術が安心な歯科です

虎ノ門で歯科を探す

Last update:2017/10/10